森のようちえん ひだまり よこすか


山や海で過ごす子どもたちの様子です
by norikomaxx

ルールの意味

大潮でお昼に干潮予定、普段海の中の岩が出てきて
生き物がたくさん見れて楽しいだろうと海で過ごしました。

恐ろしい日差しの一日でしたが、テントなどで日陰を作って
こまめに休憩、水分補給しました。

夏休みスペシャルとして、ひだまり卒園生には
ひとり参加してもらいました。今回は3人。
年長さんのHくんとFちゃん、妹のIちゃん。
親子参加も1家族、年長さんMちゃんと妹のTちゃん。
そしてるみちゃんと2歳のHくんとうちはつっちーと娘K。

大きいHくんは貝殻を探しに来たという。
ひだまりに行って、これをしよう、と思い描いて
参加するようになったんだなと感動する。

そしてみんなを驚かすんだと言って
ものすごく真面目に貝殻やビーチグラスを拾う。
ただ拾うのではなく(つっちー談)自分なりのルールを決め
楽しんでいる。同じ色のグラスを連続して拾えたら○!とか。
自足してますね~

年長さんの女子2人は蟹捕り、水クラゲご飯作りに勤しむ。

Iちゃんは海に飛び込み、じゃぶじゃぶ楽しそう。
Tちゃんはママの横。
でもテントにはいたくなくて姉のところで一緒に蟹が見たい。
勇猛果敢に足場の悪い岩場を歩いている。大胆さが見え隠れ。

2歳のHくんは石を海に投げる。
大きい大きい石も、がしっと持ち上げて投げる。
石はどれも違うし、投げ方でも水しぶきが変化する。
それを見て楽しんでいる様子。いいねー

楽しくって大きいHくんに砂を投げる。
「やめて」と言われ母のもとへ。「ごめんね」言えました。

年長の女子2人は一日の間でどんどん仲良しになっていく。
下の人たちは入れないと言われたり、どんどん作られるルールに
はじかれる。この線よりこっちに来ちゃダメ!など・・・
そのルールにどんな意味があるのか、大人には???である。

でも!
ちょうど最近読んだ「子どもへのまなざし完」にあった。

*****************************

どの年齢の子どもも何人かの友達で遊ぶときはルールや
約束事を作る。ルールのない遊びに魅了されることはない。
そのルールを守ることからはじまり、
友達の承認を受けながら役割を分担し合う。

友達とルールが大切なこと、ルールを守り上達するために
努力することが、本当に感動的な喜びを体験するために
重要なことを学びあう。だからこの時期に友達と遊ぶことは
健全な社会人になるためには不可欠なルートである。

******************************

完全な抜粋ではないし、前後の内容も読んでもらったほうが
わかりやすいんだけど、とにかく子は今学ぶべき課題に取り組んでいたんだ。
今はルールに意味があるというより、遊びにルールをとりいれることに
意味があるんだろうと思う。

それが成人してからの勤勉性、家庭や社会で求められる責任を
はたそうとする意欲を作るんだって。
それはちょうど小学生ごろから習得が始まるとか。

たしかに私たちはたくさんのルールの中で生きている。
堅苦しくも思うけど、それがあるからこそ守られ、達成感もある。
周りの人と分かち合う幸せを感じて
より健全に過ごすことができる。

子ども達はまた明日もめげずに課題を達成しようと
遊びの中から楽しく強く生きるために学んでいる。
やはりすごい人たちだ。

子は育てるものではなく、育つもの。
これからもしっかり見守っていきたい。
[PR]
# by norikomaxx | 2012-08-08 13:46 | ひだまり 保育日誌

生き物と触れ合う大事

見学さん4歳のTくんと2歳半のNちゃん。
おなじみIちゃんと双子のHiくんとHaちゃんが来てくれました。

この日は山道を登って、おたまじゃくしのいる花の広場を目指しました。
久しぶりに下から花の広場まで行くので、時間が間に合うか心配でしたが
野外活動に慣れている様子の見学さんTくんNちゃん、ペースが早く
あっという間に到着しました!

それでも山道では弱った様子のちょうちょがいて
子ども達がじっくり観察できた。
子ども達の「じっくり」は、一体いつまで続くんだろうと
待ちきれなくなったりする。大人は段取りもあるし、どうしても
「もう行こう」と促してしまいそうになる。

でも意外と子どもたちは満足すると、ふっと関心がほかに向いたりして
段取りの心配にいたらず、不思議だなーとこの日も思った。
「十分見る」これがポイントかな。どうかな。

おたまじゃくしはさすがにだいぶ減ってました。
でも子が捕るには本当にちょうどいい、おたまの動き。
春にこういう練習しておけば、秋にはとんぼも捕れるかも!


Tくん、虫はダンゴ虫ぐらい・・・との母情報。
ちょうちょにもアプローチしたり、おたまを捕りまくってました。
集中している様子がかっこよかった。

NちゃんはTくんとTくんのお母さんが大好き。
二人を呼ぶNちゃんの声が森に響きます。
あとよく「みんなー!」って声かけてくれるんだけど
いつ覚えたんだろう。いいなーそれ。呼ばれるってうれしいから。

Hiくんもおたま捕りに夢中。同じくもっと夢中の母と
石に飛び乗り、果敢に挑戦していました。

Haちゃんはまたマイペースなんだよねー
母がいなくなった時は一人木の下に行って遊んでいた。
それに気づいたHiくんがその傍らに寄り添って
お腹の中でもそうやって、くっついていたんだねーと
なんともじんわりと眺めてしまう光景でした。

Iちゃんも必死におたま捕り。
Iちゃんちのおたまは何匹になっちゃうの!?
でもかえるになって山に行ったのもいるんだよね。
もちろんなくなったのもいるだろう。

そうやって触れ合うのって本当に大切。
どこに住んでいるか、何を食べるか、どう生活しているか
そんな感触か、匂いか、どうすると動かなくなるか、死ぬとは・・・

教科書で学ぶより、よっぽどいろんなことを子に教えてくれるだろう。
それはテストの点数は上げてくれないけど
子どもの心の根っこに染み込んで、他を思いやる優しさを作ると思う。
[PR]
# by norikomaxx | 2012-06-16 22:06 | ひだまり 保育日誌

さくらの実と水

くりはまみんなの公園で過ごしました。
おなじみIちゃんとTくんとKです。

おもにさくらの実を集めて、まきちゃんが持ってきてくれた
大きなカレンダーの裏にお絵かき。そろそろ時期が終わってきたみたい。
そういう中でも絵がかけそうな実を探します。

よちよち練習のKはよく歩いていました。

IちゃんとKで盛り上がったのは水道・・・
というか水、ですね。
ポンと押すと、すごい勢いで一定の量が出てくるタイプ。
そんなに勢いよくしなくてもいいのに・・・
水圧がすごすぎて手がよく洗えないほど。

でも、この勢いが楽しい子ども達。
水圧に驚きつつ、そのあとはにんまり!

水って楽しいんだよねー永遠に遊べるんだよねー

でもここの水はもったいないので、今度海で遊ぶことにしました。
そこでたっぷり遊びましょう!
[PR]
# by norikomaxx | 2012-06-04 22:04 | ひだまり 保育日誌

じゃがいも掘り 2012

いつもの野比の畑にお邪魔して、芋ほりました!
もう母もパパも子どもたちも勝手知ったる畑。
説明いらなくて楽だー

キタアカリと男爵。どんどん掘って、洗って・・・は子どもたちの役目。
みんな競って働く。思うようにできなくて泣いたり。
こういうことも一緒にやることによって、子のやりとりがあり
それぞれの様子が愛おしいです。みんな今そういう時期なのね。
また今度会うときはどんなこと言うんだろうな。
私はこれからもみんなをずっとずっと追いかけますぞ。

蒸かしてさっそく食べる!なんにも味付なくても、もりもり食べちゃう。
とれたてを畑で食べるなんて贅沢だよーと横浜から来てくれたご家族。
本当ですね。

お弁当もそのまま畑の上で食べる。

お腹もふくれた後はそれぞれ遊ぶ。
盛り上がっってたのは、つっちー(我が夫)をいじめる遊び!
「いじめる」にしても、いろんなアプローチがあっておもしろい。
砂をかけてくる子の攻撃に対して、負けじと戦うつっちー。
つっちーの応戦に「やるならやれば!」と言う子がいたり、
いつもおとなしく母の隣にいる子が、えーいと砂をかけてきたり。
同じことをしていても、それぞれがあるわけですね。

これに参加しない人もいます。それも楽しそうでした☆
[PR]
# by norikomaxx | 2012-06-02 22:03 | ひだまり 保育日誌

おたまをじっくりする二人

5月31日

この日はおたまじゃくし観察日
まだまだ、いっぱいいる~
じっくりじっくり観察する。
やっぱりこの子どものペースで「じっくり」できる時間が大事。

おたまじゃくしも子どもと子どもを繋いでくれる。
Iちゃんが「Kちゃん!」と何度も呼んで、おたまを見せに来る。

自然と子どもがくっついて、同じものを見て
言葉は交わさなくても何かを感じあっている。

こういう瞬間を見ると本当にたまらない!

観音崎の森を掃除しているおじさんたちが情報をくれました。
ここには「ヤマアカガエル」「ヒキガエル」「アマガエル」がいること。
一月に卵があって、それ以来おたまじゃくしがいること。半年も!
とんぼもいろんな種類が来ること。

来年は卵から観察したい。まきちゃんは卵から孵すと言ってるし。
よしよし楽しみが増えました。
[PR]
# by norikomaxx | 2012-05-31 22:01 | ひだまり 保育日誌

くりはまみんなの公園

今日はIちゃんと弟のT君とうちの娘K
小さな小さなひだまりでした。

場所はりくもさん提案により
最近オープンした、くりはまみんなの公園に決定!

元神谷農園を市が整備した場所です。


ひととおりぐるっとお散歩すると、
桜の実がずいぶん色づいてきたのを発見。
枝が大人の手の届くところまで下りてきててとりやすい。

あと桑の実も小さいのがなってて、とる。
くいしんぼうの私はどうしても採取欲があって
この季節は燃えるー。

IちゃんがKに桜の実をくれた。
でも歩くことに(まだ手をつないでいるけど)夢中なKは
受け取らない。でもそんな無言なKにIちゃんは
「さくらんぼ、いらないの?自分でとりたいの?」と
それはそれは優しい口調で話してくれる。
拒まれても相手の気持ちをくむこと、私も見習いたい。

TくんとKの枝の取り合いも見ものだった。
二人ともなかなかゆずらないんだもん。いいねー


遊具がないので「何もないですねー」という人もいる。
公園、っていうと、そういうのを期待する人もいるだろうから
広場、とかにすればよかったかな?とか勝手に改名を提案。
同じか・・・

とにかく、みんなの公園は遊具がない。
でもきれいなトイレがあって、駐車場もあって
木陰があって、舗装された道もあって、桜や銀杏や松林がある。
雑草が少ないから虫はまだ蟻やだんごむしぐらいしか歩いてないけど
子どもたちには十分。(でももっと種類が増えることを期待!)
菜の花やヨモギも生えてる。

今日はひたすら桜の実とまつぼっくりを集める。
りくもさんが桜の実をつぶしてお絵かき。
実の熟れ具合で色が変わっておもしろい。

結局一日ここで過ごしたけど、いろいろあるよー!遊べるよー!
桜の木は親切に上りやすくなってるから木登りもできるよ。

よくぞ遊具を設置しなかった!それにかかわったみなさんに感謝です。

今後もひだまり久里浜開催もありかなと思った一日でした☆
[PR]
# by norikomaxx | 2012-05-24 22:14 | ひだまり 保育日誌

おたまじゃくし観察日

先日、花の広場に行ったら、水辺におたまじゃくしが
わっさわさいたので、今週のひだまりは水辺で過ごしました。

こういう水辺って今は貴重です。最近なかなかないです。
水があれば永遠に遊べる。で、海とは違う、水。
ま、海ならタイドプールはいいですね。
生き物にもソフトに触れ合える。

田んぼで遊ぶ機会もなかなかないしな。

この水辺はじゃぶじゃぶ入りたいような感じではないけど
入れなくもない。もうちょっと管理が必要だけど
ずっと残るといいなと思います。

おたまじゃくしは小さいのから、かえるになっているのや
その途中なの、いろいろいて、しばし観察。

子に見せたくて、大人が捕まえて、手の上で観察。
母の使用後のペットボトルに捕まえ観察。
このへん、準備が悪くてごめんなさい。

でもそんな私を攻める母は一人もいなくて
おたま観察にいそしむ母たち。かっこいい。

毎週参加してくれてるIちゃん、今回は人も多いせいか
お姉ちゃんな感じをちょっと隠してマイペースに遊ぶ。
子は繊細に場の空気を読んでいます。
でもとてもIちゃんらしく遊んでいて楽しそうだった。

初参加(とはいえ兄と一緒にさんざん参加していたけど)の
Koちゃん。男子3歳。兄とはまた違うんだよなー。
Koちゃん、枝で葉っぱ釣りをしているお友達を見てか
のんちゃん枝ある?確認後、枝を探してきてくれる。
そのあとKa女子1歳5か月の分も持ってきてくれる。
みんなに優しかった。

またまた初参加のTちゃん女子2歳。
いつもママ抱っこでくまちゃんのお人形のようなTちゃん。
しかーし!Koちゃんの真似して、柵に上ったり
かえるを手にのせてもぜーんぜん平気だし
むしろもっとかえる捕まえて!と、かえるが苦手な母に迫るほど。
大胆なところをたっくさん見せてくれました☆

もう一人、初参加のYっぺ女子1歳7か月。
葉っぱ釣りをがっつり楽しむ。
ぜんぜん飽きないんだよねー。
「おー!」など楽しそうな大きな声が印象的。
Yっぺ以外のみなさんは、兄や姉がひだまりっこなので
初対面ではないんだけど、Yっぺははじめまして。
でもものおじする様子はまったくなく、お友達と触れ合い
Kaにお芋を食べさせてくれたり(何度も何度も)
とても優しくお世話してくれる。

あとSちゃん男子1歳も来てくれてうれしいな。
葉っぱ釣りが上手!はいはいでも水辺を堪能してたね。

母たちと蟻の観察にも燃えたー
やはり生き物はおもしろい!
母のYさん曰く、ひだまりにでもこないと、なかなか
じっくり蟻の観察はできない。大人だしね。これ名言。

ほかにも子同士の関わりは、小さくも何度も見られた。
母たち、ありましたら補足お願いします。
何からなにまで頼ってごめんなさい。
みんな寝不足で大変な中なので可能だったらでいいので。

Koちゃんが枝を持ってきてくれたとき、
Kaはまだ話さないけど「ありがとう」と目で言ってたらしい。
いつもの、母と娘との時間では見られない娘の一面。

近い年齢同士の触れ合いや自然、生き物との触れ合いで
子のこころとからだがどんどん大きくなっていくのが
手に取るようにわかる。

ぜひ皆さんもこのたまらない瞬間を見に来てください!
初回は見学無料です!
Myさん、次回無料ですのでーまた来てくださいー
ごめんなさい><
[PR]
# by norikomaxx | 2012-05-17 17:48 | ひだまり 保育日誌

言葉のいらない世界

5月10日 ひだまり日誌

今日は
Iちゃんもうすぐ3歳とベビーカーの弟君
Yちゃん1歳7か月
K1歳5か月
と母たちで、女子多しなひだまりでした。

朝は午後雷雨の恐れがあるとは思えない晴れ!
でも念のため天気の変化に対応できるように
山にはのぼらず、たたら浜園地で過ごしました。

5月にはいり、また森の様子が変化している。
かじいちごの花が散って実の準備。
桜も葉っぱの陰に実をつけている。

たんぽぽの綿毛を「ふーっ」とやる。
Iちゃんはどんどん綿毛を見つけて、ふーーー。
KはIちゃんが見つけたのを無言で手をだし頂戴のアピール。
Iちゃん、なんのためらいもなくKにくれる。
ふとっぱらだ。

このあともまだしゃべらないKと無言のやりとりをかわすIちゃん。
それがなんともスムーズでKもすっかりIちゃんのそばで遊ぶ。
Iちゃんに「Kの言うことわかるの?」と聞くと「うん」とのこと。
本当にKの声が聞こえてるのかも。すごいすごい。

次はシロツメクサのかんむり作りに初挑戦。
(あずちゃんに教わっっておいてよかった・・・)

そのころ岩波幼稚園のれんげ組さんなど年少さん?が
園外保育で遊びに来た様子。
わいわいしている子らがたまにやってきて
「あげる」と、たんぽぽやセキショウなど、お花をくれる。
お花はお友達との関係をつないでくれる大切なツールだ。

車内で母抱っこで寝てたYちゃん、登場。
IちゃんがYちゃんを迎えにいく。
このへんちょっと私は残念ながら見てないんだよねー。
まきちゃん、とーちゃん補足願います。

二人が手をつないで登場!

Iちゃんにはしっかりしたお姉ちゃんがいるんだけど
いつもやってもらってることは、自分もできるんだよね。
Iちゃんもひだまりのかっこいいお姉さんです。

YちゃんもIちゃんに手をつないでもらって
にっこり笑顔だったんだって。うれしいよね~

YちゃんとIちゃんの会話も見られ、感動した!
Yちゃんの思うことも、Iちゃんはわかるようだった。
「こうしたいの?」「うん」そうやって遊んでいた。
Yちゃん母から離れて、Iちゃんのそばで過ごしていた。
自分の気持ちをしっかり表現しながら。

言葉はいらない、子どもの世界です。

1時過ぎたら寒気がおりてきた様子。
空気がどんどん冷たくなる。
水辺の広場までお散歩したらかえるがまばらに鳴いていた。
雨がぽつぽつ降りだすと、やったーとばかりに一斉に
けろけろ鳴くかえるにびっくり!雨にはかえる、これ本当。

今回は30分ほど早めに終了しました。
ありがとうございました!!!
[PR]
# by norikomaxx | 2012-05-11 13:49 | ひだまり 保育日誌

春の観音崎

4月12日の様子


2012年度 ひだまりスタートしました。

山道は桜の花びらでいっぱい!
下を見ても桜、前を見ても花吹雪、上を見ても桜です。
ほかにもキブシの花が垂れ下がり、いも虫も垂れ下がり
イチゴの花やサルのしっぽのようなシダの新芽もかわいい。

そして極めつけの春はなんと言っても新しい環境と仲間に囲まれ
それぞれに緊張した様子の子どもたち。
これで春は完璧に完成です☆

親子参加の今日は歩く子が3人、歩かないべビ2人と母たち。

もうすぐ3歳のIちゃんはとても警戒している様子。
でも母の声掛けにより、葉っぱなど拾って弟に渡すことから
次第に表情がほころんできた。

三軒家園地でお弁当を食べ終えるころには、お友達に
遊ぼうと誘ってくれたりして、帰りはリュックも背負って
母から遠く離れ、お友達や大人と関わっていた。

Hくんは山道の入口にある穴に溜まった水に靴ごと入り
さっそく靴はびしょびしょのどろどろ。いいねーいいねー
次は山からのきれいな水が流れる側溝に入り、
葉っぱの船を流している。そして靴は山の水に見事に洗われ
三軒家園地の日なたでほぼ乾き、帰りには何事もなかったかのように
きれいな靴をはいて山を下りる様子をみてたら、ついにっこりしてしまった。

ひだまり初参加の1歳半、Yちゃん。
Hくんが穴の水で遊んでいるのを観察していて
ついに側溝に入った!とても集中して遊んでいる。

山道はのぼりでしばし寝るも帰りはほぼ自力で歩いていた。
時間は短いが距離は結構あるぞ。ぜんぜん転ばないし。


比較的小さい人たちのひだまりでも、一日過ごすと
子ども同士いろんな組み合わせの関わりがみられる。

大人から見れば、それはそれはとてもささやかな関わり。

でも普段家族と過ごすことが多い子らにとっては、
社会への大きな一歩だと思う。

そしてささやかなのに、その一つひとつで大きな成長が
見られるのも揺るがない事実。
[PR]
# by norikomaxx | 2012-04-20 15:15 | ひだまり 保育日誌

ワークショップ♪2月の日程

♪下記の日程でワークショップを開催します♪

ベビーカー可!なだらかな道を歩きます。

2月18日(土)
2月25日(土)


※雨天中止


場所
横須賀市観音崎公園


持ち物
お弁当、水筒、着替え
(お菓子はご遠慮ください)


参加費
親子参加   1000円
子のみ参加  2500円

(車で来られる場合、別に駐車場代540円がかかります。)


○一日の流れ○

10時少し前:集合

10時~:山を歩く

みんなのお腹がすいたころ:お昼ごはん

お昼を食べてすこし遊んだら:山を下り始める

13時:解散

13時~:時間のある方はスタッフや他の参加者の母と交流会をしましょう。特にテーマは決めずにまったりおしゃべりはどうですか?その間、まだまだ元気が残っている子は一面芝生のたたら浜園地でもう少し遊びましょう。


☆・・・・・・・・・・・・・・
森のようちえん ひだまりでは、
子ども同士の関わりを見守る保育をしています。
できるだけ子どもに干渉せず、子どもの時間を見守りましょう。
また、自然豊かな観音崎です。
素晴らしい自然を感じながら、
親子共にのびのびとした時間を過ごしましょう。
☆・・・・・・・・・・・・・・


○参加するにあたっての注意○
野外活動の為、すり傷などが予想されます。



♪参加される方は・・・♪

ひだまりスタッフ小澤【azu1c@yahoo.co.jp】まで

・お子さんの年齢  【例】 男(3歳5ヶ月)、女(4ヶ月)
・親子参加か子のみ参加か
・参加される人数

をメールにてお送りください。
こちらから当日についての詳細を送らせていただきます。


質問などもお気軽にお問い合わせください。

たくさんの方の参加、お待ちしています。
[PR]
# by norikomaxx | 2012-02-13 14:29 | ワークショップ


ひだまりプロフ
2009年4月より
野外保育である森のようちえん
「ひだまり」を開催

2013年度は親子参加です!

不定期 
10時~14時まで

「一人ひとりが宝物」が信条
カテゴリ
ライフログ
お気に入りブログ
以前の記事
検索
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧